2006年 10月 27日 ( 1 )

阿佐ヶ谷ジャズストリート

2年ぶりに行ってきました。
阿佐ヶ谷の町中にジャズが鳴り響く楽しいお祭りです。
(相変わらずのお祭り好き♪)
駅を降りるともう目の前でビックバンドの演奏が。

毎年恒例&大人気の「山下洋輔ライブ」は
神明殿という神社の境内にある能舞台でひらかれ、
かがり火が焚かれてまるで薪能のよう。
そんな雰囲気の中で、山下さんの熱い演奏が聴けるのは気持ちよくて、
立ち見でもとーってもぜいたくな気分なのです。

今回はギターとアルトサックスの少し変わったトリオ。
どちらも若いミュージシャンだけれど
絶妙な演奏に、山下さんとの息もぴったりでうなりました。
観客からも思わず歓声が。ジャズってこういうところが楽しいんだ。

山下さんは、最近は若い人に機会を与え、育てることに力を入れておられるようで
今回も2人を前面に出して、山下さんは控えめに見えましたが
それがまた彼らしくほほえましい気持ちになりました。
もちろん、肘で弾いたり(笑)、聴かせるところはビシっと。
ピアノが自由に鳴らせてもらって喜んでる。


今回は、9月に入った会社の人と行きました。
阿佐ヶ谷在住の先輩と、24歳の音楽好きの同僚の女の子(仕事上は先輩!)。
仕事を離れても一緒にこういうことが楽しめたのが嬉しかったです。

それから、やはり家の近くで「気軽に」芸術に触れられるのが嬉しい限りです。
身近であることは素晴らしいと思います。先日の三軒茶屋もそう。
日本ハムも北海道で優勝したし、やっぱり『地域密着型』ですね。
[PR]
by tonchita | 2006-10-27 22:58 | Tokyo Report