フランス語の日

今日、木曜日はフランス語の日。
4月の半ばから、夜の週1回、通い始めました!

行ってみると、レベルも刺激的に難しく、つまりはちょうど良く、
生徒は5~6人と少なく(それでも多い方だそう・・・)、
フランス人の先生は髭ぼーぼーでどこかの作家や作曲家のようですが
明るくて優しく、
とても快適な面白いクラスでした。

久々のフランス語で楽しいのはもちろんのことですが、
広島に来てまだ友達もいない私に
ようやく外に出てこちらの人と知り合う機会ができたのが何より嬉しいこと。
毎回、各自が1週間の出来事などを話します。
遊びに行ったこと、美術館などに出かけたこと、映画や本のこと・・・。
こちらの人たちの生活感やいろいろな場所の情報もわかるし、
興味の対象が何となく皆さん共通するものが多いので
世界がぐんと広がってきましたよ。

来月、学期の最後には恒例のお食事会もあるそうで楽しみ楽しみ♪
まったりしたプー太郎生活に、少しリズムができました。

しかし、久しぶりで喋るのが全然ダメだなぁ。。。練習しなくっちゃ。
[PR]
# by tonchita | 2008-05-22 23:48 | France

何もしない1日

何故か少し早く目が覚めた。

9時半にオットが出勤してから、洗濯と片づけなど。
出さなければいけない郵便物の準備をしたらお昼近くに。

雨が降ってきた。
歩いて、クリーニング、郵便局、コンビニ(お昼は横着)。

帰ってきて、昼食。
録画したNHKの番組を少し見る。うーん、『カラマーゾフの兄弟』やはり読むか。
PCをつけてメールチェックなど。

・・・眠くなる。寝不足だったし。2時間ほど昼寝。

起きてまた少し片づけをし、家計簿をつける。
4~5日ごとにパソコンでつけており、
その日したことなどもちょこっと書き込むのだけれど
あまり変わらない日々、う、思い出せない。。。
レシートを便りに自分の行動や晩ごはんのおかずを思い出す。

続いて、夏に行く北海道のことをネットで調べていたら、
ローカル鉄道にとりつかれ、人の鉄道旅日記と北海道の路線地図を
見比べて、時が過ぎる。。。

気が付いたらいつもの晩ごはんの時刻を過ぎ、空腹を覚える。
今日はオットは出張でいないので、台所に立つ気がまるでしない。
あり合わせで適当に済ませ、ワインを一杯飲んだ。

こんな1日を、そして「休日は家に居たい!」と主張するオットを少し責めたことを
反省して、今に至る。

でも、まあ時々はこういう日もあるか・・とも思ったり。
[PR]
# by tonchita | 2008-05-19 22:23 | なんでもない日

まとめていろいろ

4月15日。『広島そごう』からくり時計の最後の日。
私にとっては最初で最後でした。
大勢の人でした。
c0074827_2219716.jpgc0074827_22192765.jpg









出雲大社。初めて行きました。広島から車で3時間。
仕事の夫を置いて、夫の両親と一緒に出かけました。
肝心の本殿(期間限定公開)は写真を撮れません。。。これは仮殿です。
本殿は、天井の「八雲」の絵が全く色あせず美しかったのが印象的でした。
お伊勢さんも行ってみたくなりました。

c0074827_22222677.jpg









出雲大社そば、もう廃止になっているJR「大社駅」が、これまたよかったです。
草の生えた古い線路。何だか不思議と惹かれます。
c0074827_22274871.jpgc0074827_2228114.jpg









GWの始めに、夫と宮島ハイキング。
ロープウェイもあって気軽に上れる『弥山』は広島の高尾山!?
私たちはもちろん往復歩きましたが・・・。新緑が気持ち良かった♪
頂上からは瀬戸内の島々。お天気が良いと四国が見えるそうですが
この日は残念でした。
c0074827_22315750.jpgc0074827_22321187.jpg








フェリーから見た、宮島の厳島神社と鳥居です。
みなさん、早く遊びに来てくださいね~。
c0074827_22345014.jpg
[PR]
# by tonchita | 2008-05-11 22:38 | なんでもない日

おさかな

広島は、瀬戸内海はもちろん、日本海や玄界灘も近いので
美味しい海の幸がたくさん。

私の方は肉食ファミリー出身なので、美味しい魚をあまり食べ慣れていませんし
魚料理もあまり得意でなく・・・
夫の実家はやはり和食&魚派!
特に義父は魚を見る目が大変厳しい人で、自分で魚を下ろすのも得意な料理上手。

そんなわけで、実家で馴染みの魚屋さんから美味しい魚が入ると
「要りますか~?」と電話が来て、近所の我が家におすそ分けしてもらっています。

下は、「はげ」のきもと、ほたるいか。
大きい肝が入るのは珍しく、薄味でふわりと炊いていただきました。
(わたし「はげ」を知りませんでした。。。)
ほたるいかはゆがいて、からし酢みそと♪
c0074827_11315223.jpg













c0074827_1132829.jpg
こちらは、義父の得意料理、
家族みな絶賛のしめさば。
ちょうど良いさばが入ったとのこと。
話にはきいていたのですが、
思ったより早くいただけて嬉しかったです。




ほかには、瀬戸内ならではの小イワシは、
そのままお刺身もいいけれど、
教わったとおりに天ぷらにしてみたら
これもまた「魚魚ウマ~!(by さかなくん)」

「はも」をゆでる時には「見にくる?」と電話が来て、
実家へ出かけて行って、茹で方と肝のお吸い物の作り方を見せてもらいました。

ついでに生から茹でたたけのこや蕗の煮物をいただいたり。
おかずレパートリーの少ない新米主婦にはありがたい限りです。

スーパーもやっぱり肉より魚売り場が充実しているようです。
私が無知なのと、地域で魚の名前も異なることがあり
わからない名前の魚ばかり・・(涙)

せっかく美味しいお魚に恵まれているので
これから少しずつ魚料理を勉強して行きましょう。
いずれ自分の料理の写真を載せられるようにね。
[PR]
# by tonchita | 2008-04-30 11:39 | なんでもない日

広島の市電

広島といえば市電!
市民の普段の乗り物として町中を走ってます。
駅(「電停」ともいいます)が多く、信号でも止まるので
早いとはいえませんが、階段の上り下りもなくポンっと乗れるので便利。
のんびりした感じがまた愛らしく、乗り物好きな私のお気に入りです。
市電は街の風景に情緒を感じさせるような気がします。
c0074827_10563436.jpg


広島の市電は日本、世界各地から路面電車の車両が集まっているそうで
そのレトロなのから最新型の車両まで、いろいろあって見ても楽しめます。
写真を撮ろうと思いましたが、タイミングが難しいし、種類は多いし・・と
思っていたら、ひろでんのHPにちゃんと勢揃いしていました!


運賃は150円です。
お財布の小銭に50円玉があるのが嫌いな私でしたが
(上から見て100円玉と区別がつきにくいから・・)
今では50円玉を残しておくようになりました。

とはいえ、我が家は街まで歩いても自転車でも行ける距離。
夫は私が広島に行くまでの半年間、一度も乗らなかったそうです。
そんなわけで、雨の日や、少し疲れてしまったときなど
ときどき理由をつけて乗って、楽しんでいます。
[PR]
# by tonchita | 2008-04-24 11:38 | なんでもない日

タイ新婚旅行 〜プーケット編

さて、遅くなりましたが、まだ引越荷物も山積みの3月下旬、6日間の新婚旅行へ行って参りました。
行き先は、タイのプーケット&バンコク☆

初の関西空港発着、新幹線で広島→新大阪、さらに「特急はるか」で、新大阪→関西空港と乗り継いで行きました。

バンコクで乗り換えてプーケット着はもう夜。まっ暗でよくわからないうちに、
今回泊まった『バンヤンツリー プーケット』に到着。
ここがとてもとても素敵なホテルでした。
何と、フロントのあるメインの建物は壁や窓がなく、オープンで広々。
c0074827_19242766.jpg


お部屋はすべて独立コテージで、一番小さいタイプの私たちのお部屋でも、
広い・・・。上品なアジアンモダンがとーっても良いです。
c0074827_16114734.jpg


庭にはジャグジーも!
c0074827_195234.jpg


庭に面したテラスで快適な朝ご飯。ホテルの朝食ってほんと大好き。
オムレツ作ってもらえるし、フルーツ、パン、シリアル、おかずの種類も多いし♪
サービスでシャンパンも出て来てびっくりした〜
c0074827_16171074.jpg


1日目は午前中ホテルのプライベートビーチでのんびりし、
午後からスパでエステ♪ 
夫は留守番するかと思ったら、「カップルでもどうぞ」と言われて一緒にすることに(笑)。
バンヤンツリーはスパもなかなか有名で、私はバンコクに次いで2度目。
アロマを焚いたコテージの部屋で、あぁ、快適な二時間。
マッサージを「強」にしてもらった夫もよかったみたいでした。(私は「ソフト」でした。)
終わるとフルーツとお茶が出て、ほっとひといきです♪
まだ金銭感覚がつかめず、エステティシャンへのチップをもっとあげればよかった。
c0074827_16193577.jpg


夕方からプーケットの盛り場(死語?)、パトンビーチへ。
完全なリゾートエリアにあるホテルとは別世界で、ガチャガチャしてにぎやか!
普通のアジアの街に来たという感じですね。
c0074827_16212692.jpg


翌日は象さんに乗りに行きました。
案内してくれたJTBの現地ガイドの女性、トイさんはいつも「象さん」といいます。
途中、朝晩の渋滞はすごいとか、プーケットはイスラム教徒が多いとか、新しい道ができて高級住宅街もできたとか、いろいろと現地の面白い話をきけたのが何よりの収穫だったかもしれません。
c0074827_162424.jpg


午後ホテルに戻ってからは、ホテルのプールでのんびり・・・
としていたのは私で、夫は運動不足解消だそうでひとりザブザブと30分くらい
泳ぎ続けていました。
子供などが遊べるプールと、トレーニングのように泳げるプールが両方あるところが
またスゴい。

翌日はもうプーケットにさよならしてバンコクへ。
短期滞在の悲しき日本人・・・(泣)
「バンヤンツリープーケット」また来たいです。

DVDやCDプレーヤーもあるから好きなDVDやCDを持って来たり、
食べ過ぎ対策にジョギングをするとか、テニスをするとか(笑)、
う〜ん、もっと上手にリゾートホテルを楽しめるようになりたいものです。
[PR]
# by tonchita | 2008-04-17 11:35 | なんでもない日

タイ新婚旅行 〜バンコク編

さて、緑豊かで静かなプーケットを離れてバンコクへ!
私はバンコクが二度目なので、もっぱら私のペースで動いていましたが、ときどき道を間違えて「ブーブー間違えた!」といじめられつつ。。。

こちらは一泊のみですが、「バンヤンツリーホテル バンコク」。
同じバンヤンツリーでも高層だしインテリアもとてもモダンです。

夫がムエタイ(タイの格闘技、国技です)を観たいというので
6時半くらいから出かけていきました。旅行会社に申し込んだのだけれど、
リングサイドはほとんど外国人観光客(笑)。目の前で面白かったです。

ムエタイは、試合前に踊りとお祈りをしばらくします。ドラや太鼓がシャンシャンと
鳴り、なかなか心地良いです。競技は、足の早さと蹴りのパワーが迫力があります。勝負は判定になります。
c0074827_19405346.jpg


このムエタイ、何が面白いって、周りの一般タイ人のおっちゃんたちがどうも賭けをしているらしく、試合の後半になるとかなりアツくなってきて、選手のひと蹴りごとに「オウ!オウ!」と声を上げ、ラウンドの合間にはまるで市場の競りのように「何番!何番!」と指を出したり叫んだりでそれはもう異様な盛り上がりなのです。
それが可笑しくて、私は後ろばかり向いていました。


翌日は、チャオプラヤー川の水上バスに乗って、基本の寺院観光。
この船、50円くらいで私は結構楽しんでます。街は車の騒音と排気ガスがひどいので
船は視界が開けて風がさわやかで気持ち良いのです。離れて眺めるお寺も良し。
c0074827_1942440.jpg


バンコク観光の必須スポット★
エメラルド寺院。
c0074827_16345148.jpg


ワット・ポーの寝釈迦仏。大きいのわかるかしら。手前が足の裏。
c0074827_20221954.jpg













これは裏(背中)側。
c0074827_20225553.jpg


昼間は35度くらいの真夏のバンコク。喉を潤すのにスタバもつまらないなあと
カフェに入ったら、とーっても美味しいジュースに出会いました!
私が頼んだのは白い方、ライム+バナナ+グアバ、もうひとつはブルーベリー+オレンジ+あともうひとつ(忘れました)、3種類ミックスのスムージー♪ さすがフルーツ大国タイ!酸っぱくて甘くて、持って帰りたいくらい美味しかったのでした。
c0074827_16372041.jpg


夜はもう日本へ出発です。最後に行ったのはバンヤンツリーホテルの「屋上バー」!
ここは60階の屋上だというのに屋外なのです。期待半分、怖さ半分。。。
階段を上って席まで行くのは少し怖かったけれど、着いてみたら真下は見えないので
思ったほど怖くなく、360度バンコクの夜景★、気持ちいい〜〜、しかも屋上ビアガーデンみたいじゃなくてしっかりゴージャスなレストラン&バーなの。
下界の交通渋滞も離れて見ればきれいなイルミネーションです。↓こんなふう
c0074827_16461590.jpg


そんなわけでちょっとばかりお洒落に締めて、今回の旅もおしまい。
疲れを取るには少し慌ただしかったけれど、「何かしなければならない」ということがない、この解放感が嬉しかった!
 ワタシ「やっぱり海外旅行は楽しいねえ〜」
 オット「こんな贅沢はもうしません」
行っておいてよかった。。。
[PR]
# by tonchita | 2008-04-17 11:33 | なんでもない日

お花見

広島の桜は、東京より1週間ほど遅れてやってきました。

広島城でちょこっとお花見。
あたたかな週末でした。
c0074827_2146124.jpg

















広島は川沿いをはじめ、桜がたくさん咲いていました。
63年前は一面焼け野原だったんだなということが頭をよぎります。
(夫は「全部の木が苗から育ったわけじゃないし」と冷静に言ったけれど)
c0074827_22185346.jpg
[PR]
# by tonchita | 2008-04-11 22:23 | なんでもない日

東京から広島へ

結婚式を終えると、今度は5日後に引っ越し。荷造り全然していない!(笑)
しかも昼に夜に、送別会など友人と会う予定も入り
バタバタと引っ越し準備に追われました。
手伝ってくれた村長、ありがとう!

前日の夜は、「村」の仲間がみんな集まってくれて
いつもと変わらず楽しい飲み会。
でも別れ際には泣いてしまった。

当日の搬出は、結局最終の18時に。
暗くなった雨の中、母に応援してもらい何とか終わりました。
(あとから”雨の中大変だったでしょう”といろいろな人が心配してくれていました。)
バタバタのあまり、1週間後に旅行へ行くというのにパスポートを段ボールの荷物に
入れてしまい、届くまで実はハラハラしていたのでした。
そして住み慣れた西荻窪にさよなら。

翌日は、実家で妹親子も一緒に食事をして、夕方広島へ出発しました。
家族が駅の改札まで来てくれ、前日の反省から泣くのはよそうと思い、
笑顔で手を振ってお別れ。
東京駅には親友夫婦と赤ちゃんが見送りに来てくれて、
鉄ちゃんのように私の乗る寝台特急「サンライズ瀬戸」の写真など
楽しく撮りつつ、笑顔で手を振ってお別れ。
どちらも別れてから涙がボロボロ出たけれど。

発車して気がついたら夫からメールが来ていた。
「泣かないで。待ってます。」

そんなわけで、寝台列車の固い寝台であまり眠れないまま
広島へやってきました。
[PR]
# by tonchita | 2008-03-31 12:47 | なんでもない日

2008年3月9日

結婚式を挙げました。
私たちを祝福してくれたすべての人々に
ありがとう。

幸せな1日でした。
[PR]
# by tonchita | 2008-03-31 12:03 | なんでもない日