<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

赤ちゃん

きょう、弟夫婦に子供が生まれました。
男の子です。

はじめ母から電話で一報を受け、
妹とも「産まれたねー」と電話したあとに、
弟本人から早速写メールが届きました。
件名が「赤ちゃん」というのが少し笑えます。

妹の子供が生まれたときもとても嬉しかったけれど、
さらにしみじみとした気持ちがするのは
弟(弟のが下です)が赤ちゃんのときのことを
よく覚えているせいでしょうか。

私にはふたりめの甥っ子。
家族が増えるのは嬉しいものです。

そして赤ちゃんに会ったときのアトムの反応を見るのも
楽しみだったり。叔母バカは続く・・・
[PR]
by tonchita | 2008-06-30 22:04 | なんでもない日

行きたくなるとき

何故か飲み会で妙に盛り上がる、「トイレ」の話で失礼いたします。
 ---------
よく書店に行くと、トイレに行きたくなるという話をききます。

が、私は

水に触ると」トイレに行きたくなります。

???

朝、顔を洗おうとして手を濡らした瞬間、

食器を洗い始めた瞬間、

など、何故かトイレに行きたくなります。

さあこれから!と思っていた作業がいきなり中断されます。

そして、トイレに行っている間に違うことを考えて

それまでやろうとしていたことを忘れてしまい、

出てきたら別のことを始めてしまったりもします。

・・・何だかひどく要領の悪い話です。

でも何故なのでしょう。
水の感触が、泌尿器の活動に係る神経をピピっと刺激する、
というようなことがあるのでしょうか。

みなさんもそんなことありせんか~?
[PR]
by tonchita | 2008-06-18 15:11

阿蘇・くじゅうトレッキング

九州トレッキング旅行へ行ってまいりました!
オットの仕事関係の山歩きサークルに、私も張り切って初参加です。

広島から貸し切りバスに乗り、熊本の阿蘇登山→大分くじゅうトレッキング
という2泊3日の旅です!

九州へ渡る関門海峡も、私は初めてなのでひとりワクワク。
とても狭くて、普通に川を渡っているようでした。
c0074827_16534065.jpg








バスの中で「釣りバカ日誌」に爆笑しながら、熊本に着いたのはお昼過ぎ。
なだらかに幾重にも広がる阿蘇の山の姿は、初めて見る景色。
ふもとの高原は鮮やかな緑色がとてもきれい。

阿蘇の噴火口。エメラルドグリーンの火口の中まで見えました。
c0074827_15472854.jpg












阿蘇の山登りは、ほとんど岩登り。
手も使って、岩のゴロゴロした斜面を登ります。
荒涼としてダイナミックな阿蘇!
c0074827_1552951.jpgc0074827_15522234.jpg









大分の温泉に泊まり、2日目はいよいよ「くじゅう」です。
山に囲まれ、緑が濃く、気持ち良い。
c0074827_1642227.jpg










今回のツアーの目的は、今が満開のミヤマキリシマ(ツツジの仲間)。
山のてっぺんが、ピンク色に染まりました!
c0074827_1644768.jpgc0074827_165748.jpg










私たちは、20代から70代まで25人ほどの大グループに。
オットの同期が多く、発足以来最多人数だとか。
すれ違う人たちには「若い方がたくさんいるわね~」と何度も言われました。

しかし一番の盛り上げ役は、最年長のT先生。78歳!
「わしは何せ後期高齢者じゃけえ」と『後期高齢者』を連発し、
口を開けばみんなを笑わせ、しかも全行程しっかり踏破したのでした。

みんな交代にT先生のペースに合わせつつ、
とはいえ、T先生も「ほれ、若い人は先に行きなさい」と言って下さるので、
ときには先にずんずんと進みつつ・・・
温かくゆったりと歩いて行きました。

今回、いろいろな方と話ができたのも嬉しいことでした。
広島に来て、こんなに大勢の人と話をしたのは初めてでした。
オットがお世話になっている先生や、同期の仲間、私のように参加した他の奥様方(皆さんずっと年上ですが)、それから誰かの知り合いで参加された方・・

誰が誰かなんて どうでもよくなるのが山の良いところで、
みんなよく歩き、よく笑い、気持ちの良いトレッキングの旅でした。

これから中四国・九州の山をいろいろ登っていきたいものです。
[PR]
by tonchita | 2008-06-11 18:58 | なんでもない日