<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

矢野顕子リサイタル 2006

2月21日、雨の月曜日、すみだトリフォニーホールでのピアノソロコンサート。
今回は本当にセットも演出もなく、ただ、ピアノ。
クラシックホールで、大きいピアノで矢野顕子さんご機嫌。

私はといえば、楽しみなのに何だか落ち着かなかったのだけれど、
始まってピアノの音が耳に入ってくると
スゥっと穏やかな気持ちになって、頬がゆるんだ。

本人も話していたとおり、久しぶりの曲が多かった。
かの「David」が入っている1986年の「峠の我が家」から2曲。
難曲「そこのアイロンに告ぐ」は確かにほとんどライブできいていないかも。
確かアルバム発売当時にFMで聴いたスタジオライブが
ものすごくカッコ良かったのだ(そして録音を失敗して悔やんだ)。
今度のアルバムでは上原ひろみと共演だそうで、楽しみ!

名曲「釣りに行こう」はThe Boomバージョンからのピアノ版。
もともとこちらの方が好きなので、涙が出そうになる。

くるりの「ばらの花」はよく演奏するけれど、
矢野バージョンの方が聴き慣れてしまった・・・
本当に矢野顕子のお気に入りなのね。

そんなこんなで、新曲も挟みつつ、のんびりした雰囲気で楽しく過ぎた。
アンコールの1曲目は、なんと「春先小紅」。
ベストアルバムにこそ入れていたが、ライブ演奏は希で会場が湧いた。

しめくくりは「中央線」で静かに。


  きみの家の方に 流れ星が落ちた
  ぼくはハミガキやめて 電車に飛び乗る

  今ごろきみは 流れ星くだいて
  湯船に浮かべて ぼくを待ってる

  走り出せ 中央線
  夜を越え ぼくを乗せて
[PR]
by tonchita | 2006-02-24 22:27 | Tokyo Report

青梅マラソン

2月19日 日曜日。青梅マラソン10キロの部に参加してきた。

今回で本大会8回目というマラソン仲間と立川駅で待ち合わせて、
まずは恒例だという立ち食いそばで腹ごしらえ。

青梅のお天気は晴れ!
寒いけれど空気がキリっと澄んで気持ちが良い。

スタートは10時。
更衣室のある小学校からスタート地点へ向かうと
屋台がたくさん出ていてもうすっかりお祭り。
ホントに大きいレースなのね、と実感。
友達お気に入りの、甘酒サービスを発見し
みんなで嬉々としていただく。美味しくて体が温まってちょうど良い。

スタートもゼッケン番号ごとに区切られていて
私は後の方で、スタートラインなど全く見えず。

走りだしてみると、
最初にある程度のペースで行かないとあとからは上げられないのに、
とにかく人が多くて、しかもかなり高齢の方々が見られ、
全然思ったように進めない。

焦る。。
人を抜こうとするのはすごくストレスがたまる。

それでも苦心してだいぶ進んで3キロくらいまで来ると
もう先頭が折り返して来た。
声援が聞こえるから何かなと思ったら
Qちゃん、高橋尚子が笑顔で手を振りながら走りすぎた。
うーん、笑顔だ。軽快だ。
10キロなんてジョギング程度だろう。
でもあの姿を見ると、この人は本当に走るのが好きで、
いろんな人に走るのが好きになって欲しいんだろうなぁと思える。

今回は練習不足だったので自分の走りについては省略・・・
1月のハーフの後なので走れることは走れるのだけれど、
とにかく勢いで乗り切った感じ。足も痛くなった。
大体予想どおりのタイム(決して良いわけではなく)。

一緒に参加した友達は、最近トレーニングをかなりしているので
快調だったらしいし、また更にやる気になってきたらしい。

やっぱり走り出すと楽しかったし、
調子が良ければもっと楽しいに決まってる。

今回は猛反省して、次回「青梅山岳マラソン」へ向けての
再スタートを堅く決意するのであった。。。


とはいえ、終わってしまえば気も晴れ晴れ。
(気持ちの切替が早い)
いつもの様に、アフターは温泉&ビールで楽しく過ごしましたとさ。
[PR]
by tonchita | 2006-02-19 23:46 | トレーニング日誌

勉強ができない人

また今日もダメだった。
トリノのハーフパイプ見ちゃった・・・

レポート提出、あと少し。
ようやく先が見えてきたのよ。

なのに、なのに。
とにかく気が散漫なのである。

本当にギリギリにならないと
できないこの性格、何とかして!
[PR]
by tonchita | 2006-02-14 00:19 | なんでもない日

さえない週末

金曜日の北風の冷たさに風邪気味。

土曜日は仕事。出勤は私だけ。
ひとりなのは音楽をかけたりして気楽なものの、
具合が悪いと、殺風景で暖房をつけてもちっとも暖まらない古いオフィス
(というにはあまりにも・・・「事務所」が妥当か)にいるのはとてもしんどい。

相変わらず冷たい風の中、まっすぐ家に帰る。
TVで「ハイドパークミュージックフェスティバル」、「ラヂオの時間」を観て
少し気晴らしになる。

日曜日。風邪気味で微熱。
朝食にホットケーキを焼いて、食べてから薬を飲んでまた横になる。
ここぞとばかりに好きな音楽をかけて本を読む。
外はとても良い天気なのに、家にいるのは悲しい。
しかも、横になると、窓の外の青い空がちょうど見えるんだよね。
小学校のとき、中耳炎でしょっちゅう学校を休んでいたことを思い出した。
あのころはビデオがなかったので、テープに録音した
「機動戦士ガンダム」や「ルパン3世カリオストロの城」を
枕元で繰り返し聴いていたものだ。おかげで随分セリフを覚えてしまった。

少し眠ってだいぶ楽になったので、善福寺公園へ散歩に行く。
天気が良いとどうもじっとしていられない。
1月には池が凍っていたが、もう溶けていた。
先週の新宿御苑はまだ凍ってたな。
めずらしく飛来していた白鳥ももう北国へ帰ってしまった。
梅のつぼみがふくらんでいる。
それにしても、まだモンゴルみたいに寒い。。
帰ってきて、うんと甘いココアを作った。

1月は新年会など人に会う週末が続き、ひとりの土日はひさしぶり。
たまには良いような、さびしいような。
[PR]
by tonchita | 2006-02-05 21:06 | なんでもない日

ねこマジ ~2006.2.3 南青山MANDALA~

またひとつ新しい音楽に出会いました。

c0074827_193182.jpg女性3人のユニット、「ねこマジ」です。
友人がドラムでサポートメンバーに入っているので誘われて行ってきました。
誘われるまで全く知らなかったのですが、HPで試聴してみたら、気に入った!
この日はCD発売記念ワンマンライブです。
ひとりで行ったら、お店はもうほぼ一杯で、たまたま空いていた真っ正面の前から2番目に陣取ってしまいました。

どういう音楽かというと、説明しにくいので試聴して下さい(笑)。
ボーカル二人が正面に立ち、一人はピアノです。
歌もトークも面白くて笑いっぱなしです。

かと思いきや音楽もバラエティに富んで、すごく凝っていてかっこいい。
あとでCDを見ると、多くの曲を、一見大貫妙子のような雰囲気の
ピアノの南方美智子さんが作っているそうだけれど、great composerですね。
影響を受けているかは不明ですが、矢野顕子っぽいところも時々あって。

試聴でも気に入った『じゅげむ』は、最初がフラメンコ調で驚いて大笑いしてしまったけれど、
後半のボーカルのラップのような掛け合いが素晴らしく、生で聴けて大満足。

何でもWAHAHA本舗とも交流があるらしく、
私の中の、WAHAHA的笑い好きと矢野顕子的音楽好きのツボが見事に刺激されました。
(そうなるに違いないと思って友人は誘ってくれたそうで・・・)

しかもメンバーは私と同年代。
全力投球の姿が気持ち良くて、何だか親しみを覚えてしまいました。
歳をとったら面白いことはしないのか、そんなことはないのですっ。

良い音楽と笑いが絶妙にミックスしたステージ、堪能しましたよ。スッキリスッキリ。
また行こうっと。
[PR]
by tonchita | 2006-02-04 12:45 | Tokyo Report