<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

パット・メセニー グループ Live

東京国際フォーラムでのPat Metheny Group ライブに行ってきました。
これまで何回か行き損なっていたので、ようやく実現です。

始まると、思っていたとおりの濃い上質な音に感動。
7人のメンバーが慌ただしく楽器を取っかえ引っかえ
黙々と演奏する様は、さながら大きなホテルの厨房みたいで
もう職人の世界です。
でも広がる音楽は優しくて、この上ない気持ち良さ。
密林の中の、風と水分を感じるようで、
途中ほどよくウトウトするのも予定のうち。

最初は何と、最新アルバムの全曲を一気に演奏し続けたので
1時間ほど、拍手の間もありません。
しかしそれが終わったときは、まだライブ途中なのに
スタンディングの大喝采なのでした。

後半は聴き慣れた曲が続き、「Last Train Home」も。
この曲に喜ぶ人はみなj-waveフリーク、ということは勿論無いと思いますが、
深夜、この曲をバックにいろいろな想いを巡らせていた若き日(笑)に
郷愁を覚えるのは私だけではないでしょう、きっと。

そんなこんなで気が付くと3時間近くにおよぶ、熱いライブでした。
あぁ、やっぱりライブって良い。

 “パアットメセーニーの後は、パアッと飲むーにー?”
 と言ったのは同行してくれた友人で、
 実際そのとおりとなったのは言うまでもありません。。。


今日の1曲  矢野顕子 / いいこいいこ (guitar参加してます)
[PR]
by tonchita | 2005-04-22 22:49 | Tokyo Report

今日は、私たちの『村』の
村長さん誕生日焼肉パーティでした。

昼間仕事でいつになくカリカリしていた私は
晴れてぱぁっと発散。
(肉をちっとも焼かなくてすみません・・・)
そう、大好きな人たちと美味しいものを食べて楽しく過ごす
こんなひとときがなかったら、家でヤケ酒をあびていたことでしょう。

回を重ねる毎により楽しく、より大切な時間になっていくのも
村長のおかげ!
お誕生日おめでとう。
記念にトラックバックしてみたけれど、これで良いのかな。

今日の1曲(かなりきまぐれ)  The BOOM / 帰ろうかな
[PR]
by tonchita | 2005-04-21 22:41 | なんでもない日

カレーのエチオピア

本日、念願かなって御茶ノ水のカレー屋さん「エチオピア」に
初めて行くことができました。
仕事でよく前を通るのですが、いつも開店前だったのです。

入ってみると本格カレー屋さんなのに
券売機があって少し動揺してしまいました。
お昼前なのでカウンターのお客さんはまだ4人ほどです。

私が頼んだのは『野菜カレー』。
辛さが0~70倍まであり、0倍が普通の中辛、3倍でかなり辛くなるらしい。
うーん・・・「1倍でお願いします」

カレーはさらっとしていて、
スパイスがたくさんたくさん。とても良い香り。
野菜は、素揚げの茄子、ピーマン、えのき、チンゲンサイなどが
大ぶりにざくざく入っていて、歯ごたえが良いです。
恐れていた辛さは思ったほどでもなくて美味しかった!
体の中がお掃除されたような感覚。
これは今までにない感じかも。

すっかり満足してラッシーを飲み
しっかりチャージしたところで、晴れ晴れと会社へ戻りました。
[PR]
by tonchita | 2005-04-15 21:42 | おいしいはなし

たまたま以前の日記帳を読み返していたら
ほぼ1年前、

「風邪をひいた。
 『風邪ひいたの』と言う相手がいないのがつらい。
 さびしいときほど、考えすぎてメールの返事ひとつ出来ない。」

だって。
相当参っていたようですね。

当時の状況でいろいろ言い訳はできるけれど、
たぶん壁があったのは自分の中。

今はもう少し何とかできている気がします。
[PR]
by tonchita | 2005-04-13 00:03 | なんでもない日

『青梅丘陵高水山岳マラソン』リポート(長すぎる)

とうとうその日がやってきました。
「モントレイル青梅丘陵高水山岳マラソン」の日です。
天気予報に反して晴れて暖かくなりました。

1月の谷川真理ハーフとは違って参加者はさほど多くなく、こじんまりした大会です。
山歩きの好きな私としてはとても楽しみにしていました。

出発地点はちょうどハイキングコースの入口。
当然スタートしてすぐに登りです。
これが、意外に急で、しかも・・・・・・・長い。
すぐに息切れがしてきて、「やばい、今回はトレーニング不足だし5キロもたないかも」と不安になってきてとばしすぎないように気を付ける。
あそこをグルっと回ったら坂が終わるかな、と思うとまだ続く。苦しい。
時計を見る余裕もなかったけれど、5分はかかっただろうか、
ようやく坂が終わると前に12キロコースに参加している友達がいる。
追いついたら「坂で疲れちゃった。今日はきついから5キロにしようかなあ」と言いつつ、まだ迷いながら走っていた。
そこからは慣れていて安定したペースで走る彼女の後ろをついて行ったおかげで、
落ち着いて走れた。アップダウンもあまりなくてほっとする。
といいつつ、決して楽なわけではなく、あまり早くもないのだけれど。

山道はデコボコしているので、足元に注意しながら走るところが
普通のマラソンと少し違うのですね。
土の上を走るのは気持ちいい。コンクリートとは全然違う柔らかさをかかとに感じる。
木立の中を走るのも気持ちいい。新緑はまだなので山の中は明るい。
そしてときどきぱっと景色がひらけて山並みを望み、尾根を涼しい風が吹き抜ける。
ああ、来てよかったなあと思う。

折り返した人がポロポロやってきて、やがて2.5キロの折り返し。
係員の人が「はい半分です。がんばってくださーい」。

帰りは来た道を引き返すので当然下りが多く、だいぶ楽になる。
呼吸もペースも整って快調に走る。
途中ハイキングをしているグループといくつもすれ違い、
みなさん道をあけて「がんばってー」と声をかけてくれる。
道ばたの声援って嬉しいものです。
ゴールが近づき、スタートで苦しんだ心臓破りの坂(?)を今度は下る。
結構急なので、足をとられそうなところをふんばりながらブレーキをかけるのが大変。
下りもあなどれません。改めてすごい坂だったんだと思う。
人はすっかりまばらになっていたのでひとりでゴール。

ゴールすぐのところで、水と、ざくざく切ったバナナとスウィーティが山積みになって
用意してある。
最初は水を一気。バナナとスウィーティが美味しい!
みるみるうちに体に吸収されて、止まらなくなる。

ゴールして数分後、果物をほおばっていると同じ5kmの友人Bがゴールしてきた。
早速果物にかじりつき「美味しい~♪」
12kmを断念して5kmを走った隊長Mさんもゴールし、もう随分レースをこなしている人だけれど、「あの坂は半端じゃない」と。
12キロを完走したKちゃんはゴールした途端にものすごい勢いでスウィーティを何個もたいらげた。

そして、温泉に入り、ビールを飲んで帰りましたとさ。
運動のあとのお風呂とビールはたまりません。

来年は12キロに出るよ。
そして次回は、5月29日の山中湖一周13.6キロです。
トレーニング日誌はまだまだ続く・・・


今日の一曲  遊佐未森 / 土の話
[PR]
by tonchita | 2005-04-03 22:35 | トレーニング日誌

お花見

桜の開花宣言は2日前。
というわけでお友達が吉祥寺に来ることになり
急きょささやかなお花見。

ドイツ語で「王様」という名前のお店で
美味しいソーセージを買って、
友達がおいなりさんとのりまきを持ってきてくれ、
あとは缶ビールで完璧。

しかし、桜は・・・ほとんど咲いていません。
そんなことは日本人にはどうでも良いのですね。
公園は一面の青シートでお祭り騒ぎ。
それでもとっても楽しいんだもの。

桜が「そろそろ来た!」ということが
冬の終わり、外に出て行く合図のようなものなのかもしれません。


今日の一曲  The Corrs / Runaway
[PR]
by tonchita | 2005-04-02 23:14 | なんでもない日