おさかな

広島は、瀬戸内海はもちろん、日本海や玄界灘も近いので
美味しい海の幸がたくさん。

私の方は肉食ファミリー出身なので、美味しい魚をあまり食べ慣れていませんし
魚料理もあまり得意でなく・・・
夫の実家はやはり和食&魚派!
特に義父は魚を見る目が大変厳しい人で、自分で魚を下ろすのも得意な料理上手。

そんなわけで、実家で馴染みの魚屋さんから美味しい魚が入ると
「要りますか~?」と電話が来て、近所の我が家におすそ分けしてもらっています。

下は、「はげ」のきもと、ほたるいか。
大きい肝が入るのは珍しく、薄味でふわりと炊いていただきました。
(わたし「はげ」を知りませんでした。。。)
ほたるいかはゆがいて、からし酢みそと♪
c0074827_11315223.jpg













c0074827_1132829.jpg
こちらは、義父の得意料理、
家族みな絶賛のしめさば。
ちょうど良いさばが入ったとのこと。
話にはきいていたのですが、
思ったより早くいただけて嬉しかったです。




ほかには、瀬戸内ならではの小イワシは、
そのままお刺身もいいけれど、
教わったとおりに天ぷらにしてみたら
これもまた「魚魚ウマ~!(by さかなくん)」

「はも」をゆでる時には「見にくる?」と電話が来て、
実家へ出かけて行って、茹で方と肝のお吸い物の作り方を見せてもらいました。

ついでに生から茹でたたけのこや蕗の煮物をいただいたり。
おかずレパートリーの少ない新米主婦にはありがたい限りです。

スーパーもやっぱり肉より魚売り場が充実しているようです。
私が無知なのと、地域で魚の名前も異なることがあり
わからない名前の魚ばかり・・(涙)

せっかく美味しいお魚に恵まれているので
これから少しずつ魚料理を勉強して行きましょう。
いずれ自分の料理の写真を載せられるようにね。
[PR]
by tonchita | 2008-04-30 11:39 | なんでもない日
<< まとめていろいろ 広島の市電 >>