女性専用車両

毎朝、一番前の女性専用車両で通勤しています。
通常の車両よりは少し空いているので
新聞も読めるのは助かります。

しかし、これについて時々嫌なニュースを目にします。

体の不自由なお年寄りや、視覚などの障害がある人が
この車両に乗って、
周囲の人に「ここは女性車両です!」ときつく怒られるそうです。
中には、「次の駅で移ります」と言っているのに
「連結しているのだからすぐに移れ」という人もいるとか。

なんとも世知辛い世の中になったものだと
情けない気持ちになります。

なぜこの車両ができたのかを考えればすぐに分かること。
女性を弱い立場であると捉えたからで、
その点ではお年寄りや障害者も同様であり、
この車両の恩恵を受けて然るべきなのに
どうしてそういう思考ができないだろうと憤りを覚えます。
彼らが痴漢を働くと思うのでしょうか?

「痴漢→女性車両」と短絡的にしか発想できない、
これは何故?なんのため?という考えが身についていないというのは
どうしてだろう?教育のせいかしら?それとも、うーん・・・?
いろいろ考えてしまいます。

というときりが無くなりそうなので、とにかく、
気持ちの余裕と想像力が無くちゃね、と改めて思うのでした。


間違えて飛び乗っちゃった男性もいますが、
肩身狭そうで気の毒ですよね。
[PR]
by tonchita | 2007-07-10 10:46 | なんでもない日
<< ぷりん 結婚式 >>