鉄道好き

最近、自分が鉄道好きだということを、感じる日々。

矢野顕子によると、鉄道オタクの女の子は「みっちゃん」というんだそうです。
(男の子は鉄道の「鉄」でてっちゃん、女の子は「道」でみっちゃん。)

この間、香川で「琴平電鉄」に乗れて嬉しくて
電車熱がちょっと出てきたのかも。

GWには箱根登山鉄道に10年ぶりくらいに乗って、
とてもとてもワクワクしました。
ペンキを何度も塗り重ねたような車内や、スイッチバックや、
木立の中をえっちらおっちら、急カーブしながら登って行くのが
楽しくて仕方ない。

学生時代は青春18きっぷで、何回か各駅停車の旅をして
印象的な風景や、楽しい出来事がいろいろありました。
働き出してからは、新幹線や特急に乗ることが多くなったけれど
いまだに車窓を眺めるのは大好き。
初めての電車だと眠るのがもったいなくて。

特に思い出すのは、真っ白な雪景色の中を走る大糸線、
怒濤の日本海を臨む北陸本線(真冬でした)、
りんごの花咲く千曲川沿いの飯山線、
秋の能登鉄道もよかったなぁ。

今年こそ、久々の18きっぷで
長年乗りたかった只見線に乗りに行こうかな。
[PR]
by tonchita | 2007-05-06 23:37 | なんでもない日
<< 鉄道好き~続き 小さな後悔 >>