矢野顕子トリオ ~Blue Note 東京 立見席体験記~

今年の「さとがえるコンサート」は都合悪く、恒例のNHKホールに行けなかったので
本日Blue Note 東京へひとりで行ってきました!
やっぱり年に1回のこの楽しみを欠かすわけにはいきませんっ。
今年は久しぶりのトリオだしね。

もう予約は満席だったので、初の立ち見席体験です。
開演の2時間前くらいに名前を言ってチケットを買い、
近所のスタバでくつろいでいました。

「立ち見分は、着席のお客さまご案内後なので
 演奏が始まってからになる場合があります」
と言われ、(同じ料金払うのに何で・・・ブツブツ)と何か腑に落ちない。

ともかく、立ち見もチケット購入の順番で呼ばれての入場です。
私は9番目で、急いで入ると幸いまだ演奏は始まっていなくて、
しかも12人目くらいまでは出入り口のそばで、椅子に座らせてもらえました!
バーカウンター用の高い椅子で、ステージがとてもよく見えます。

ミュージシャンの出入り口も同じところで、
高い椅子に「よっこいしょ」と座ってホっとすると
目の前にアッコちゃんたち3人が待機していてビックリしました。
ちょっとトクした気分。

いよいよ始まるとき、スタッフに「いってらっしゃーい」と送り出される
アッコちゃんに立ち見席の人達も思わず
「いってらっしゃーい」と言ってしまいましたよ。

厨房への出入り口そばなので店員が右往左往していますが、
まあそれも活気があってよしとしましょう。
決して音響が良いとは言えないこの会場、
以前、ドラムの真横の席に座ったときよりは
このくらいの距離のがバランスよく聞こえました。

2~3曲終わる頃には、飲食の注文も落ち着き
バーカウンターに椅子を並べて、何人かはそちらへ移動させてくれました。
私はあと一人のところでバーカウンターへは行けず残念。
でも少しずれて、かえって客席に近く、人の通行が気にならない場所に座れました。

飲み物の注文も取りにきてくれます。
キャッシュオンデリバリーなので、演奏中だと少し面倒ではありますが、
帰りにレジで並ぶ必要もなくすぐに退出できます!
ビールを飲みながら気持ちよく聴くことができました♪

やっぱりライブって楽しい!
ライブハウスならではの距離感。
ミュージシャン同士も距離が近くて、リラックスして
思う存分楽しく暴れているようで、聴く方もより自由に楽しめる気がします。

ブルーノート東京、高いし気取ってる感がありましたが、
立ち見客にも配慮してくれて少し見直しました。
矢野顕子は「ここはミュージシャンを本当にリスペクトしていて
素晴らしいお店です」と話していました。

でもやっぱり、2ステージもやる分時間が短いのだから、
もう少し安くしてほしいな。。。 お願いします。


今回はライブの話より立ち見席のお話中心になってしまいました。
フラ~っと行ったわりには気持ちよく楽しめたせいかな。
[PR]
by tonchita | 2006-11-27 23:37 | Tokyo Report
<< 無駄遣い 大会の予定 >>