『カンゾー先生』

先日出かけた、岡山の牛窓で撮影されたという
映画「カンゾー先生」を観る。
原作は坂口安吾だったんですね。

登場人物がみんな個性的なキャラクターで、面白い。
カンゾー先生の柄本明は、良い人なのかそうじゃないのか、
ちょっとわからない雰囲気が絶妙。
のんびりとした中に、静かな力強さともの哀しさのあるお話でした。

ラストシーンは、広島に原爆が落ちた瞬間、
岡山の海から遠くの空に大きく浮かぶきのこ雲を
「あれ何だろう?」と眺める。

今日は8月6日。なんという偶然でしょう。
[PR]
by tonchita | 2006-08-06 23:35 | なんでもない日
<< 夏期スクーリング パワハラ >>