中国の映画

BSで、中国映画「山の郵便配達」をやっていたので鑑賞。
2回目ですが、やっぱり良かった。

山奥を歩いて郵便配達をする父が引退することになり
それを引き継ぐ息子の初仕事に同行し、一緒に山を歩いて行くのですが、
家を空ける仕事ゆえに離れていた息子と父の距離が
多くを語らずとも少しずつ縮まっていきます。

中国の山村の風景が素晴らしく、
優しく、謙虚で誇り高いお父さんの心を象徴しているかのようでした。

中国の映画の良いのは、
言葉や感情表現がぐっと抑えられた中で
人の深い深い思いが、静かに感じられるところ。
それから、「家族」の描き方も。


ほかに「ションヤンの酒家」「北京ヴァイオリン」なども良いですね。
[PR]
by tonchita | 2006-06-06 23:36 | なんでもない日
<< 黙々 棄権 >>