青梅マラソン

2月19日 日曜日。青梅マラソン10キロの部に参加してきた。

今回で本大会8回目というマラソン仲間と立川駅で待ち合わせて、
まずは恒例だという立ち食いそばで腹ごしらえ。

青梅のお天気は晴れ!
寒いけれど空気がキリっと澄んで気持ちが良い。

スタートは10時。
更衣室のある小学校からスタート地点へ向かうと
屋台がたくさん出ていてもうすっかりお祭り。
ホントに大きいレースなのね、と実感。
友達お気に入りの、甘酒サービスを発見し
みんなで嬉々としていただく。美味しくて体が温まってちょうど良い。

スタートもゼッケン番号ごとに区切られていて
私は後の方で、スタートラインなど全く見えず。

走りだしてみると、
最初にある程度のペースで行かないとあとからは上げられないのに、
とにかく人が多くて、しかもかなり高齢の方々が見られ、
全然思ったように進めない。

焦る。。
人を抜こうとするのはすごくストレスがたまる。

それでも苦心してだいぶ進んで3キロくらいまで来ると
もう先頭が折り返して来た。
声援が聞こえるから何かなと思ったら
Qちゃん、高橋尚子が笑顔で手を振りながら走りすぎた。
うーん、笑顔だ。軽快だ。
10キロなんてジョギング程度だろう。
でもあの姿を見ると、この人は本当に走るのが好きで、
いろんな人に走るのが好きになって欲しいんだろうなぁと思える。

今回は練習不足だったので自分の走りについては省略・・・
1月のハーフの後なので走れることは走れるのだけれど、
とにかく勢いで乗り切った感じ。足も痛くなった。
大体予想どおりのタイム(決して良いわけではなく)。

一緒に参加した友達は、最近トレーニングをかなりしているので
快調だったらしいし、また更にやる気になってきたらしい。

やっぱり走り出すと楽しかったし、
調子が良ければもっと楽しいに決まってる。

今回は猛反省して、次回「青梅山岳マラソン」へ向けての
再スタートを堅く決意するのであった。。。


とはいえ、終わってしまえば気も晴れ晴れ。
(気持ちの切替が早い)
いつもの様に、アフターは温泉&ビールで楽しく過ごしましたとさ。
[PR]
by tonchita | 2006-02-19 23:46 | トレーニング日誌
<< 矢野顕子リサイタル 2006 勉強ができない人 >>