お引越し

怒濤の引越からはや一週間。

前の部屋には8年暮らし、
知らない間に荷物がおそろしく増えているのに驚いた。
引越って時々した方が良いみたい。

というわけで、沢山捨てた。
1年以上着なかった服。フリマもオークションもしないし。
何だか取ってあったビンや箱。こういうのを溜め込むのは女性特有らしい。
それから「紙」。以前の仕事に関する書類、プリントアウトしたネットの情報、
切り抜いたレシピ、DM、本、などなど。
あとはもうよくわからないけれど、とにかくいろいろ、たくさん。
あの狭い部屋のどこにこんなに詰まっていたのか。
収納上手と下手って紙一重だ。

引越当日は、引っ越し屋さんの作業終了後、
強力な助っ人が4人も応援に駆けつけてくれ
(みなさん、どうもありがとうございました!)、
私のアバウトな生活ぶりに叱咤激励しつつ
本人よりはるかに手際よく動いてくれて、楽しい引越となった。

荷物はそれでも多い(もっと捨てよう)ので
まだ新居で収まりきれていないけれど、
少しずつ整えて行くのが楽しい。
家の中の生活導線や、普段使うものの置き場所が定まらず
自分の動きがどうもぎこちないのも可笑しい。

引越から2日目に、早速山梨の友達が泊まりにきて
お母上手作りの野菜を持ってきてくれたので
新しいキッチンで、はりきって久々の料理をした。

そして、今日は片づけを少し休んで、
ボジョレーヌーボーでひとりささやかに引越祝い。
[PR]
by tonchita | 2005-11-17 23:33 | なんでもない日
<< なつかしい人 落ち着かない >>