三軒茶屋

お友達のけみさんが書いていますが、
一緒に「三茶de大道芸」という三軒茶屋のイベントのお手伝いをしています。

この2ヶ月ほど、週末集まって楽しく工作の日々です。
張子のオブジェやお面、垂れ幕などを作成するのに
もくもくと糊で貼り付けたり、ひたすら色を塗り続けたりで
気が付くと何時間も経ってしまいます。

参加者の多くが社会人で
週末仕事が入る人、結構遠くから来ている人もいます。
集まってワイワイと、でも一生懸命作業をしていると
本当に文化祭のようで、ボランティアだったということも忘れてしまいます。

そういえば、ボランティアのフランス語訳ですと volontaire という言葉がありますが、
これは「自発的な」「志願者」という意味で、
「無償の奉仕活動」や「慈善」を主に想像させる
日本語の「ボランティア」のニュアンスとは少し異なります。
(それにはまた別の単語を使います。)
volontaireは、「誰かこれやってくれる人いる~?」とか
「幹事に立候補する人!」などというときに使います。
これがもともとの意味なのでしょうし、気分としてはこちらの方ですね。


そして、それまでたまに芝居を見に行くだけだった三軒茶屋ですが、
数回通っていたら、何だか愛着が湧いてきました。

当日は街のあちこちに手作り作品が登場します。
大道芸と一緒に、宝探し気分でそれも楽しんで欲しいなと思います。

私も当日は芸人さんの付き人。楽しみ楽しみ。
[PR]
by tonchita | 2005-10-18 11:59 | なんでもない日
<< 仕事 上司のはなし >>