大笑い

三谷幸喜原作の映画『笑いの大学』をようやく観ました。
レンタルDVDだったのですが、
後半佳境に入ってきて
もう、ひとり高らかに大笑い。

ただ、ひとしきり気持ちよく笑ってから、ちょっと寂しい。
TVや映画でゲラゲラひとりで笑うことはよくあるのに、何でだろ・・?

三谷作品はいろいろと観ていて、
それもチケットが取れないので舞台のビデオが多いのだけれど、
いつもは会場のお客さんの笑い声が入りますからね。
それに慣れてしまって、何か物足りない感じがしたのかも。

あの、お芝居の会場での、
だんだん面白くなって行く臨場感、
ドっと笑う一体感が
妙に恋しくなった夜でした。
[PR]
by tonchita | 2005-08-05 22:30 | なんでもない日
<< フキコシ・ソロ・アクト ライブ 夏山賛歌 >>